小学生向けの英語教材ならトコトン強くなれる

将来の可能性が広がる

女性と男児

早期学習がおすすめ

水泳やそろばん、ピアノなどと並び、英語は人気の習い事の一つです。将来海外に留学したり、就職する上で役に立ったりと、英語を話せることで世界が広がります。子供のうちから学ぶメリットは、英語を聞き取る力が身に付くことです。幼児期は、音を聞き取る力が発達する大事な時期です。その頃から英語を聞き続けていると、日本語にはない音も聞き取れるようになります。また、きれいな発音も身に付きます。LとRのような難しい発音も、子供は聞いて真似するうちに、自然と習得してしまいます。英語を習わせる手段として、幼児向けの英会話教室に通ったり、アニメやCD、絵本を読み聞かせるという方法があります。しかし、家庭や限られた時間内で行うレッスンでは、本格的な英語力を身に付けるのは難しいと言われています。本格的に習得を望む親に人気なのが、英語教育を取り入れている幼稚園に通うことです。一般的な幼稚園に比べて、月に掛かる料金は高いです。しかし、子供は感覚的に学ぶので、日常的に聞いて話す時間が長いと、習得がとても早いです。また、幼稚園で周りの友達とコミュニケーションを取ることで、会話力はもちろん、社会性も身に付きます。注意すべきは、幼稚園によって授業内容や環境が異なる点です。授業の一部に英語を取り入れているのか、日常的に英語を使う環境なのか等の違いがあります。さらに、バイリンガルの日本人教師なのか、外国人教師なのか、という部分も大きなポイントです。入園前に体験入学などを利用して、実際に確認しておくことが必要です。